就業規則について

就業規則は労働トラブルを未然に防ぎリスクを最小限に抑えるはたらきがある

就業規則は会社のルールを公平かつ明確に定めることにより、労働トラブルを未然に防止するはたらきがあります。

もし、労働トラブルになり労働裁判等の紛争に発展した場合、膨大な時間がかかり多額の費用が発生します。
会社のルールを法令に即して定め、正しく運用していれば、労務トラブルを未然に防ぐことができ、労働裁判等の紛争に発展した場合でもリスクを最小限に抑えることができます。

当事務所は労働トラブルを未然に防ぎリスクを最小限に抑えるため、①就業規則の作成、②見直し、③診断を行っています。

就業規則の作成、見直し、診断について

①就業規則の作成事前に会社の状況等をヒアリングし、貴社にあった就業規則の作成を行います
②就業規則の見直し変更すべき箇所の洗い出しを行い、改訂、見直しを行います。
③就業規則の診断就業規則はあるけど、かなり前に作成してそのままにしている、または社内の従業員が作成したが法令に則しているか不安がある場合は診断をおすすめします。
就業規則の診断のみも受け付けていますので、ご相談ください。

【関連コラム】
「自社のもの」になっている就業規則に

お問い合わせ