助成金

助成金は社労士に相談するのがベスト

助成金は企業等が労働者の労働環境の改善、維持等に対して支出した場合に支給されます。
支給対象となる取組としては、労働者の雇用維持を図る取組、労働者の雇用環境の整備を図る取組、生産性向上に資する設備投資等を行う場合です。

助成金をうまく活用することで、会社の労働環境は整備され、会社の成長・発展に繋がっていきます。
しかし、毎年のように改正があることで申請要件が変わり、受給額の増額または助成金自体が廃止となることもあります。

助成金は未払い残業代がある場合、法令に違反している場合は不支給となることがあります。
出勤簿、賃金台帳を正しく備え、法令違反がないか正しく精査できるのは、社会保険労務士でないと難しいです。

助成金を効率よく受給するには、社会保険労務士に相談することがベストです。
助成金に関して是非、当事務所へご相談ください。

助成金を検討する初期の段階からご相談いただくとスムーズに

助成金の申請期限が間近に迫っているにも関わらず、就業規則が整備されていない、計画書等の期限が切れているケースは申請が困難である場合がありますので、助成金を検討する初期の段階からご相談いただくとスムーズに対応できます。

助成金の種類

・雇入れ関係の助成金…特定求職者雇用開発助成金など
・雇用環境の整備関係等の助成金…キャリアアップ助成金など
・仕事と家庭の両立支援関係等の助成金…両立支援等助成金
・人材開発関係の助成金…人材開発支援助成金
・労働条件等関係助成金…業務改善助成金など


【関連コラム】
2023年(令和5年)11月29日よりキャリアアップ助成金の制度改正により助成額が増額

お問い合わせ